独立のきっかけ

今回は日記みたいなものです。

 

*******

 

僕が税理士として独立したことも

そして、このように慣れない記事を書き始めたことも、

 

僕がまだ会社員であったときに

偶然ある税理士の記事を読んだこと、

そしてその人の書籍を購入して読んでみたことが

大きなきっかけであったと思います。

 

もちろんほかにも、

背中を押してくれたりした友人や、

手厳しく優しいメンターの存在、

好きなことをしたらいいよという家族の理解、

勤めていたときの上司方々からの応援

などなど、

 

独立に踏み切るきっかけとなったことや

勇気を与えてくれたことは

幾つもあったのですが、

 

その人の記事の内容にはとても惹かれました。

 

 

「独立はいいよ」と。

 

 

何年も前に税理士の資格を持っておきながら

独立はしなくてもよい、

(何だかコワイ)

という

それまでは自分の”常識”を超えられずにいたのですが、

 

その人から何度もその「いいよ」を聞いているうちに

じわじわと僕の細胞がソレを拒否しなくなってました。

 

 

僕からすると大先輩にあたるような人が、

(年齢差は関係なく)

そのような「いいよ」をいつもブレずに撒き散らしてくれています。笑

 

 

その「いいよ」と言えるくらいの立ち位置に

僕が到達できるようになるのは

何年先になるやらわかりませんが、

 

自分なりには、

だいたいこのくらい、

と目標にしています。

 

というか、

他人からの評価とか

客観とかを抜きにしたら、

実はすでに、

その「いいよ」を、僕は手に入れてしまっているのですが。笑

 

まぁ、これは自己満足ということにして、

謙虚にならなければという思いも含めたうえでコレを書いています。

 

 

その人は、無料で、気持ちよく刺さる記事を書いているのですが、

(一部は有料ですが)

そのような貢献の仕方、

人に対する影響力の与え方は

とてもいいですね。

 

僕は”そのこと”に影響を受けています。

 

もちろんそれは、

戦略として

何年も先を見通して

表現の仕方や誘導の仕方もうまく考えて

無料をうまく使っていらっしゃいますが、

 

無料であっても決して手を抜かず

単なる情報ではなしに、

むしろ考え方や、価値観をわかりやすく提供し続けていることによって

結果として、

僕みたいな殻でも

それがいつか腑に落ちて

「いいね」になる人が増えているのだと思います。たぶん。

 

そして、それは一見遠回りなのですが、

ちゃんとその人に回りまわって結果が帰ってきます。

長い目で見ると一方通行ではないということです。

 

 

結局、記事なんて、

共感した人だけがそれを参考にすればいいだけで。

 

そういう意味では

共感できるような記事(発信者)に出会えることは

とても重要です。

(どんどん探しに行ってください。)

 

 

ではでは、

僕自身は、どうしようかなと。

このままじゃいけないな、と。

足りていないものは幾つも思いつきます。

 

まぁでも、幾つか目星が付けれているので、

これからしなければならないことは

次第に、解決されていくと思えるのですが。。。

(ある程度は。)

ここは楽観的にすすんでいこうかなと。

 

続きはまた。

 

*******

 

ほんまに自分の日記なのですが、

続きは書くときに書きます。

 

自分にとっては卵の薄皮にキズをつけ始めたことの”記録”ということですので、

どうぞよろしくです。

 

 

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。