車を運転していて気になること

車を運転していて、

ちょくちょく気になる車を見かけることがあります。

 

それは、たとえば、

ウインカーを出さずに進路変更や車線変更をしたり、

かつ、それで間隔の狭い車列に割り込んだり、

前方が赤信号であるにもかかわらず

減速するのではなく、その少しの距離を加速して別の車を追い越したり、

高速道路でフラフラして車線をはみ出しそうになっていたり、、、

 

このような運転をする車です。

 

 

で、

ちょくちょく気になることというのは、

運転そのものよりも、

このような運転をしている車のどこかに

凹みがある確率が高いということです。

 

まぁ、運転のしかたが他とは違うので

その他大勢の車よりも自然と注目することが多いからかもしれませんが、

 

それにしても、

車体のどこかに、凹みやキズがあることが多いです。

 

コツンと軽くどこかにぶつけたんだと思いますが、

ひどいものになると、

ドアミラーがガクガクぷらぷらして落ちそうになっていたり、

テールランプの両方が割れてたりするものまでありました。

 

僕は、車の運転については臆病者なので、

危険予知して、

そのような車からはスッと離れます。

ただただ距離をとります。

 

僕は、○○ポリスじゃないから

彼らを咎めたりしませんし、

する権限も勇気もありませんので。

 

 

ここで自分自身が注意しなければいけないなと思ったのは、

車の運転マナーや交通ルール云々の話ではありません。

 

 

どこかしらのルールとか作法に乱れが生じると、

表面上どこかに、

その形跡なり、

その兆候なりが出てくるというもの。

 

今回の車の例であれば、

こつんとぶつけた凹みのようなものです。

 

自分では今は大したことないと思っていても

ほっておいたらそのうち大変なことになりそうな、

自分自身は気づきにくいかもしれないものです。

 

 

日常で、

ビジネスで

どんなところがこれに該当しそうかな、

と挙げてみました。

 

たとえば、

 

服装が不潔だとか、(オシャレとかどうかではなく、清潔かどうか)

シャツのボタンが外れたままとか、

スマホの画面にヒビが入ったままとか、

通信状況が不安定なままだとか、

時計の時刻がずれているとか、

カレンダーが先月のままとか、

ペンからインクが出ないままとか、

必要なものとゴミとの区分ができていないとか、

挨拶ができないとか、

つい不平不満を口に出してしまうとか、

言葉遣いに難があるとか、

公私の区別があいまいになってきたとか、

などなど

 

自分自身は気づきにくいかもしれません。

このようなことが

多く、長く、積もり積もっていくと、

そのうち大変なことになるかもしれません。

 

ここで思いつけたらいいのですが、

思いつけないものは、

存在しないのではなく

気が付いていないだけかもしれません。

 

自分では(自分だからこそ)気が付きにくいものなので、

挙げられていないもののことのほうが実は凹みが大きいのかもしれませんね。

 

だからといって過度にビクビクして過ごすことはありませんが、

凹みのようなものに気が付いたら

それを書き出して

直していく。

 

車を運転していて、

そんな気持ちは大切かな、と思いました。

 

 

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。