ブログでは、凹むことも、励みになることもあります。

先日、友だちから連絡がありました。

 

ネットで何やら調べ事があって、

検索してたら、

僕のホームページ、ブログ記事が目に留まったと。

 

こういう連絡を受けたのは

べつにはじめてではなく、

これまでにも何回か、何人かから、

お声がけをいただいたことがあります。

 

分かりやすかったでー。

とサービスで嬉しいことを言ってもらえたときもあれば、

 

ナンカ・・・ミカケマシタ・・・

とだけ、たんたんと報告をもらえただけのときも。

 

まあ、

たんたんとした報告のときは、

べつに大した記事ではなかったんだと思います。

それか、

税金カテゴリーの記事ではなくて、

僕の趣味・価値観・考え方のカテゴリーの記事だったとか。

 

まあ、どっちのカテゴリーの記事でも良いんですが、

ブログを書いている以上は、

僕のことをリアルに知っている人にも

僕の記事がが見つかってしまう可能性があるということなのです。

あまり変なことは書けませんね。

特に、

登場人物がリアルに特定できそうなこととか、

どなたかに迷惑が降りかかりそうな個人的なこととか、

まず書けません。

 

うかつにも、

それらしいこと書いてしまったかも・・・

と、あとになってから気になってきたときには、

その記事全体を非表示・非公開にしたり、

記事の一部に手を加えて、

修正したりすることもあります。

 

 

あと、

友だちに僕の記事を読んでもらった、

というのではなく、

 

自分自身でなにか調べごとをしていて、

そのときに偶然、僕自身の記事がネットで見つかった、

ということもあります。

 

そして、その見つかった記事をあらためて読んでみたときに、

ああ、

なんて分かりにくい書き方、

分かりにくい表現なんだろう、

と凹むこともあります。

 

もちろん、

凹むような記事であったとしても、

その記事を書いた当時は、

自分自身に

ゴーサインを出したんでしょう。

 

そのとき、そのときで、

自分で判断して、

チェックもして、

”ヨシ”

ということで、載せたんだと思います。

でないと、

記事を公開するときに、

自分自身で(ある程度)納得できていなければ、

ポチッと

公開ボタンを押すことはありませんので。

 

 

このように、

自分の過去記事を読んでみることもあるのですが、

 

あとになって自分で読んでみたときには、

凹むことが多い、というのが実情です。

 

 

でも、

凹んでばかりではありません。

実は、

励みもあったりするのです。

 

あとになって、

自分の記事を読み返す機会があったときに、

 

  • コレ面白いやん!
  • なかなか良く書けてるやん!

と自画自賛できるものも、

若干ですが、混じっていたりします。

 

もっとも、

採点者が、自分自身なので、

評価に色が付いているのは否めませんが、

 

自己採点とはいえ、

過去、自分の書いた記事に

二重マルの評価が付けられるような一文に再会できるということは、

励みになったりします。

 

 

ブログ記事はストックされますので、

もし凹むようなことがあったときには、

 

自己採点で二重マルの評価の記事を

自分自身で読み返してみるのも、

良いかもしれませんね。

 

 

自画自賛とはいえ、

励みになることも、

十分ありえる、ということです。

 

 

 

 

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。