習い事でも治療でも、説明をしてもらえるのはありがたい。

今日は歯医者に行ってきました。

 

今回の通院で、ひととおり、

昨年から引き続き治療していたところについては終わりました。

あとは、最終もう一か所あります。

もうひと踏ん張り、

というところまできました。

 

 

話は変わって、

 

今週のはじめに、

ヨガ・ピラティスのレッスンに行ってきました。

 

その教室の先生からは、

レッスン前に、

 

何がしたいですかぁ~

身体でどこか気になるところはないですかぁ~

 

と、

レッスン内容のリクエスト受付があるときがあります。

 

その日の身体の状況や、気分などによって、

また、生徒の顔色をみながら、

その日のレッスン内容をアレンジしてくれるのです。

 

僕は、

そういえば、最近足がむくみがちかな・・・

 

足(ふくらはぎ)が、パンと張っているかな、、、

と感じていたので、

その状況を話しすると、

 

それはヤバいですね~

急に倒れないように注意が必要ですよ、

と、教えてくれました。

 

そこで、

じゃあ、今日はその部分を中心的に身体の改善をしていきましょう、

ということになりました。

 

プロに教わると良いなぁ、と感じることとして、

まずは、

身体の構造がどうなっているのか、

の説明があることですね。

 

先ほどの歯医者でもこれは同じだったのですが、

今の歯の状態の説明から、

どのような治療のステップをふむのか、

その理由も含めて、

最初に説明をしてくれていました。

 

 

ヨガ・ピラティスの教室では、

骨とか、筋肉の構造の説明からですね。

 

それが、どのようになっていて、

それぞれがどのような役割があるのかを、

実際に身体を動かして確認をとりながら、

教えてくれます。

 

それで、理想の身体の状態に対して、

僕の現状が、どこまで乖離しているのかの説明もあります。

 

それを踏まえて、

今どうトレーニングすればいいのかの説明があることは、

嬉しいですね。

 

その説明を聞きながらレッスンをすると、

生徒である僕としても、

そこに意識がはたらくので、

無意識に身体を動かすときよりも

より改善度合いがアップしているように思えます。

 

その日は、

ポールや、リング、ゴムなどの道具も使って、

僕が気になっているところを重点的に動かしました。

 

 

大改造劇的ビフォー・アフターの、

なんということでしょう~

ではありませんが、

 

明らかに、

レッスン前と、レッスン後では、

もともとの脚パンパン状態が、

しなやかでシュッとした状態になり、

ぱっと見の外見までにも変化が見てとれるようになりました。

匠だ。

 

 

まあ、

僕については、

足が張る前に普段からシッカリとトレーニングせい、

と言われてしまいそうですが、

 

レッスンはレッスンで、

身体の構造から、

身体をどのように動かせば良いのかの理由まで、

幅広く色々と教わりながらトレーニングをすることができるので、

僕はこれをいつも楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

自分の得意分野や専門”以外”のプロの人と接すると、

自分自身の仕事においても、参考となる学びがあります。