自分年表の将来欄を書いてみようとしたところ、、、

以前、このブログに、

自分年表を作ってみた、という話しを

書いたことがあります。

 

「自分年表を作ってみると、、、」

という記事です。

 

 

そのときは、

生まれてから現在に至るまでの

自分がしてきたことや、

自分に起こった出来事などを、

年表形式で作ってみました、

という話しをしました。

 

そのときの記事を自分で読み返してみると、

ちょっとだけ、ふざけて?書いてしまったような箇所も見つかりましたが、

 

それでも、

総論としては、

いざ、自分年表を作ってみると、

自分が歩んできた人生って、

あんまし悪いことなんてなくて、

むしろ、

自分がどんな波のとき(低調かな、と思えるとき)にでも、

良いことや、

良い兆しがあったんだなと。

 

表形式にして、

自分の人生を一覧にして過去を思い出してみると、

あんまり大変なことや、

苦い思い出なんて、なかったんだなと、

自分なりに気が付いた(= 収穫があった。)

と、そんな話しでした。

 

 

そうだ、そうだ、

そのときの記事は、たしか、

僕がちょっとだけ凹んでいたときに書いたんだ、

ということも、

同時に思い出しました。

 

 

で、

最近ふと、

その自分年表(まだ完成していないのですが、)に

「将来」10年間ほどのこと(見込み)も書いてみようと思ったんですね。

とくに深い意味はありませんで。

ふと、

どうなるのかな~、、、と思ったので。

 

書けそうかなぁ~~

どんなことが起こるかなぁ~~

なんて思って、

もわもわと想像しながら。

今後の10年間を予想してみようかなと。

どんな楽しいことが起こるんだろうかな、と。

 

 

これをやってみて分かったのですが、

僕には、

これが結構しんどい。

ムズカシイのです。

 

波くらいの予想はできたとしても、

(予想というか、、、もう波は先に書いてます。いちおう。)

その波のときに、

どんな出来事が起こるかなんて、

僕には、なかなか絞り出すことが、

できませんでした。

 

一つには、

たぶん、

年表の作り方が、

細かすぎたのかもしれません。

将来のことに関しては、

やはり、ざっくりのほうが上手くいくのかもしれませんね。

それは経理をしてても、同じようなもんですものね。

 

でも、

そんなテクニック的な問題のことよりも、

もっと、もっと、難しく感じたのは、

 

人生の先、将来のことが、

どんどんと、幾つもに枝分かれしていくことなのです。

いちおう、突発的なことは書かないことにしてみたので、

○○にまいた種が、いつ頃開花する、

的なストーリーで考えてみようとしたのですが、

これもまた難しいのです。

 

波は年数でざっくりと考慮に入れれたとしても、

それでもいつ開花するのか、

どんな風に開花するのか、

開花の仕方がたくさんあって、

どんな出来事がおこるのか分からない。(うまく想像できない。)

 

パルプンテもあるでしょうし。

開花しないこともあるでしょうし。

 

 

ということで、

自分年表の将来を書き込むことは、

ヤメにしました。

早っ。

 

僕にとっては、

これを作るのは、

あまり意味がないよね、

との結論になっています。

 

 

よく言われることではありますが、

やっぱり、

「いま」

が大事なんだなと、

再認識した次第でもあります。

 

いまをどのように過ごすかで、

将来には、本当にたくさんのストーリーが出来上がるものなのです。

 

そのストーリーの展開が僕にはぜんぜん分からないのですが、

 

分かりたくもないかなと。

 

どんな出来事があるのか、

どんな出会いがあるのか、

どんな繋がりがあるのか、

そういったことが分からないからこそ

人生が楽しいのかなと。

 

広がり方の可能性は無限大。

 

なので、

自分年表の将来欄は、

空白にしておこう、

と思った次第です。

 

 

 

 

 

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

「やりたいことリスト100」

というものも以前作成していたことがありますが、

↑これは、廃止して、

いまでは、

リストを数個に絞ったものにしています。

 

これはこれで、

空白にはしないように、

大事にしています。

 

 

過去記事

「自分年表を作ってみると、、、」