小銭募金を今後どうしようか・・・

キャッシュレス決済をすることが増えてきて、

ここ数年、

小銭募金がほんとうにやりにくくなりました。

 

もう5、6年もの間、

僕は、

コンビニなどでの小銭募金を継続してきただけに、

そして、

そのことに、毎日のちいさな自己満足もあっただけに、

この習慣は手放したくないのですが。

この先、

どうしたものかなと。。。

 

 

さらりと決済することの美しさと、

さらりと小銭募金をすることの美しさとが、

天秤にかけられているような状態が、

僕のなかで続いています。

 

僕には、

どちらの”さらり”も捨てがたい。

 

 

カード払いのときなら、

ケースに手をかけるので、

小銭も近くにありますが、

 

スマホ(モバイルオーダー、バーコード)のときには、

ケースには手をかける必要はありません。

 

それで、

小銭募金は、諦めたくもなります。

 

わざわざ募金のための小銭を取り出すのが

面倒になるので。

 

もしや・・・

募金の際の、この”面倒”に感じるという、

その心持ちに、

なにか落とし穴でもあるんじゃなかろうか。

そのような勘繰りさえも生じたりしてきます。

 

 

キャッシュレス決済とコンビニなどの募金額の関係についてネットで調べてみると、

キャッシュレス決済が増えていても、

募金箱への募金額は目立って減ってはおらず、

むしろ災害の時には増えてさえいる。

とのことらしいですね。

 

これについては、

おおかた僕の想像どおりです。

ま、僕と似たような行動パターンの人が一定数いらっしゃるということでしょう。

すこし違うのは、

僕は災害がなくても、日頃からたんたんと一定額で続けているということ。

災害があっても、僕は小銭募金は増やしません。

(災害時はネット。)

 

 

サイトなどでのキャッシュレス募金をすることも可能になってきている、

とのことだそうですが、

いや~、

ソコじゃないんですよね。

 

小銭募金のキモは、

募金したときの

”チャリン”

という音と金属振動なんですよね。

 

(ああ、僕はなんてワガママなのだ。)

 

音だけへのこだわりならば、

キャッシュレス募金が可能になったときにも、

”チャリン”

という音さえ鳴れば、

それで満足するかもしれません。

 

”ペイペイ”

と声が鳴るような感じで。

 

しかし、

音プラス金属振動の、

振動部分がまだ足りないですもんね。

 

(さっきから、アナタはいったい何を言っているのだ?)

 

 

 

結局、

一択の結論は出ないのですが、

 

僕は、やりたいことは、やっておきましょう、

の方針なので、

 

キャッシュレス化

プラス

小銭募金

 

これら両方の”さらり”を求めるような行動は、

この先も続きそうです。

 

 

 

 

 

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

キャッシュレス決済 + 小銭募金

なんだかね・・・と思うところはあるのですが、

まぁ、いっか。

べつに誰かに迷惑を掛けているわけじゃないですし。

 

美意識は人それぞれ、ですもんね。

 

 

え?

美しい プラス 美しい イコール 美しい、

じゃないですか?