ちいさな変化・ちいさなチャレンジはとても楽しい

大きな変化には躊躇するところもあるけれど、

ちいさな変化・ちいさなチャレンジなら、

躊躇するよりも、

むしろ楽しむものとしてとらえやすいのでは、

と思っています。

 

 

大きな変化、

たとえば、

僕が会社員のときには、

転職とか、

引っ越し、

退職、そして独立、

などが、大きな変化だったと思います。

 

もちろん、これらの変化を経験したからこそ

今の自分があるわけなので、

結果オーライと言えます。

 

でも、実際、そのときには、

心臓はドキドキするし、

(今となっては余計だった)心配ごとも増幅されがちで、

100%楽しんでいる、というよりは、

心のどこかに、躊躇している部分も

うっすらと見え隠れしていたんじゃないかと思います。

僕の場合は、です。

 

 

一方で、

ちいさな変化、ちいさなチャレンジは、

以前から、たくさんあります。

(最近、増加傾向)

 

ここ最近のちいさな変化、ちいさなチャレンジは、

趣味(っぽい)分野では、

 

盆栽(梅)、

群れスズメ、

歌のレッスン(また次の選曲)、

歌の披露、

クワガタ商品化、

ヨガボール(首)、

物理の勉強、

アバター、

オーディオブック、

小顔グッズ、

エネキー、

易経サイコロ、

とある商品、

が出てきます。

 

これらはすべて、

先程の大きな変化と比較すれば、

ちいさなものばかりになりますので、

始めるにあたって、

ためらいなどなく、

とくに何ら心配事はありません。

躊躇はありません。

もちろん、

イヤイヤ始めたわけでもありません。

楽しみでしかないのでは、

とすら感じています。

(歌は緊張しましたが。。。笑)

 

将来的には、

今後も続けるものと、

続けないものとがでてくるかもしれませんが、

どちらに転んでも、

べつに誰かに、

大きな迷惑をかけてしまうことは

ないでしょう。

そのうえで、

自分には、

チャレンジしたという満足感、達成感が

残ってきます。

後悔は残りません。

(歌の披露は、迷惑かけたかな…)

 

 

日常の小さな変化は、

楽しくて、

とっつきやすいものです。

そして、

ちいさな変化は、

取りくみやすさもありますが、

違った、と思ったときの

”ヤメやすさ”

も、ウリでしょうね。

 

あ、間違ごた。

やーめた。

もういい。

みたいなことの自由がとてもききやすい。

 

大きな変化に比べたら、

ちいさな変化、ちいさなチャレンジは、

それだから、

”ストレスフリー”な

楽しみ方であるように思います。

(大金を使ったりするのは、また別かもしれませんが…)

 

そして、

そのような小さな変化が

日に日に積み重なって、

ふと気が付いたときには

思いもしなかったような大きな変化にまで成長していた、

なんてことも考えられるのではないでしょうか。

 

 

身体的なところ、

物理的なところ、

考え方や、

価値観、

習慣も、

心のありかた、

感じかた、

身だしなみ、

経済面、

オーラも含めて

あらゆるところで、

自分の望む方向への変化の”可能性”があるのでは、

と思っています。

 

べつに、

大きな変化と、

小さな変化とに

善悪をつけるはなしではありませんが、

 

ちいさな変化は、

ストレスフリーなうえに、

 

将来のよい芽がたくさん潜んでもいるのだろう、と

とくに最近は、以前よりも強く、

そう感じています。

 

 

 

 

 

 

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。